スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ピンクとグレーを男の人にオススメしたい!



このまえ、旦那さんと「ピンクとグレー」観てきました(*^^*)




旦那さんは、シゲの原作は読んでいなかった&「62分後の衝撃」っていうキャッチフレーズも知らなかったみたいで、
観終わった後に、とっても衝撃を受けてました!


そして、映画観ながらたぶんほろりと泣いてたと思う。


ピンクとグレーって、男の人の葛藤が鮮明に描かれてると思うのです。


友達だけ成功していく悔しさや、やるせなさとか。


それってたぶん、競争社会で生きている男の人は多かれ少なかれ、誰でも抱えてる葛藤な気がして。


成功をつかみたい故の焦燥感とか、ジレンマとかも。




旦那さん本人から聞いた感想としても


「期待してなかったけど(私が無理矢理誘ったからね…)、すごい面白かった!」


「想像以上に重い映画だったけど、映画の面白さがあった!」


って、絶賛してくれてました!!!


男の人だから共感できる部分や、
入り込める内容なんじゃないかなーと思うので、ぜひ男の人にたくさん観に行って欲しいなーと思ったのでした!!











そして、ここから先はNEWSファンの私の感想です!!



※ネタバレあります!!!


















ピンクとグレーの原作が好きだからこそ、原作と違う部分がチラチラ気になってしまった!


そして、シゲがいつかのラジオで「テーマが違う」って言ってたその通りだと思った!


ピンクとグレーは原作の解釈自体、本当にたくさんあると思うけど、

個人的に原作の終わりは、
「ごっちを演じたりばちゃんは、ごっちの気持ちが理解できた」っていう終わりだと私は思っていて。


ごっちとりばちゃんは、
年齢を重ねるにつれて、どんどんすれ違っていってしまうんだけど


でも、やっぱりどんなに売れっ子になってもごっちは、
「こんなこと頼めるのはりばちゃんしかいない」んだよね。


そして、りばちゃんも
ごっちの人生を演じた結果として
「りばちゃんはごっちで、ごっちはりばちゃん」だって感じるくらい、
ごっちを理解したんだよね。



すれ違ってしまうし、ごっちは自殺しちゃうし、すっごく辛い話なんだけど
「お互いを本当に大切に思う気持ち」
は変わらずそこにあった。
っていう暖かさもあるところがピンクとグレーの好きなところなのです!


その部分が、映画だとドーンと変わってた!



映画だと、りばちゃんはごっちの人生を演じてもごっちを理解できなくて、違う道を生きていく…っていう形になってた。


原作が好きなので、その部分は変えずにいて欲しかったなーとか、
映画を見る人に原作とは違う部分があるんですよーとか言いたい思いもあるんだけど

ただ、別物だとして頭を切り替えたら


映画としての仕掛けもたくさんあって、
そのストーリーはストーリーとして、とても面白かった!!


映像で魅せている部分もとても多くて、映画だからできることをふんだんに盛り込んであったと思う!!


そして色々書いてるけど、映画観てよかったなー面白かったなーって思ってます!



そして、原作ファンも映画ファンも願う事はきっと一緒だもんね!





『ピンクとグレーがこれからも益々、注目されていきますように!!!!!』














スポンサーサイト

| 加藤シゲアキ | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://miiiiiiiiiiiiiiko.blog.fc2.com/tb.php/211-760382d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。